障がい児相談支援事業 / 特定相談支援事業

ライトツリー事業案内

計画相談支援(障がい児相談支援)とは、支給決定時のサービス等利用計画(障がい児支援利用計画)案を作成し、支給決定後のサービス等の利用状況についての検証を行い計画の見直し(モニタリング)やサービス事業所等との連絡調整を行うサービスです。 計画相談支援を利用される際には、市区町村の障がい福祉窓口で計画相談支援の利用申請を行い、相談支援事業所リストから選んで指定特定相談支援事業所(指定障がい児支援相談支援事業所)と契約を結びます。市区町村が給付として負担するため、利用者が負担する費用はありません。

障がい福祉サービス等を適切に利用していただくため、指定特定(指定障がい児)相談支援事所が主に下記の支援を行います。

運営方針

  • 利用者がその有する能力及び適性に応じ、自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、その利用者の心身の状況及びその置かれている環境に応じて、利用者の選択に基づき、適切な保健、医療、福祉、就労支援、教育等のサービスが、多様な事業者から、総合的かつ効率的に提供されるよう配慮して計画相談支援を行う。
  • 利用者の意思及び人格を尊重し、常に利用者の立場に立って事業を行う。
  • 利用者に提供される福祉サービス等が特定の種類又は特定の障害福祉サービス事業を行う者に不当に偏ることのないよう、公正中立に事業を行う。
  • 市町村、障害福祉サービス事業を行う者等との連携を図り、地域において必要な社会資源の改善及び開発に努める。

相談支援専門員について

下記、研修を修了した相談支援専門員が在籍しています。

  • 行動障害のある知的障害者や精神障害者の方々に対して適切な計画相談支援等を実施するために、強度行動障害者支援者養成研修(実践研修)を修了。
    (行動障害支援体制加算)
  • 重症心身障害など医療的なケアを要する児童や障害者に対して適切な計画相談支援等を実施するために、医療的ケア児等コーディネーター養成研修を修了
    (要医療児者支援体制加算)
  • 精神科病院等に入院する者及び地域において単身生活等をする精神障がい者に対して地域移行支援や地域定着支援のマネジメントを含めた適切な計画相談支援等を実施するために、 「精神障害者支援の障害特性と支援技法を学ぶ研修」を修了
    (精神障害者支援体制加算)
  • 障がい者ピアサポーターについて
    ライトツリーでは障がい者ピアサポーター研修を受けたスタッフの配置しております。 障がいのある人自身が、自らの体験に基づいて、他の障がいのある人の相談相手となったり、同じ仲間として社会参加や地域での交流、問題の解決等を支援したりする活動のことを「ピアサポート」、ピアサポートを行う人たちのことを「ピアサポーター」といいます。
    障がいを持ちながらも生き生きと地域で活動しているピアサポーターの姿は、長期入院されている方の退院への不安を軽減することや、支援機関においては、当事者の目線に立った支援が行われる等の効果が期待されます。